個人的フリー動画プレイヤーの評価【2018年版】

film-icon IT・ガジェット

有名な動画プレイヤーソフトを個人的に評価していきます。

 

Windows Media Player

Windows標準搭載の「Windows Media Player 」、通称WMPです。

対応コーデック、対応動画形式が少ない、UIが使いづらいので、ほぼ使わないです。

対応コーデック、対応動画形式に関しては外部コーデックパックをインストール&設定することで対応可能ですが、

UIが使いづらいので、インストールするなら別の動画プレイヤーをインストールします。

GOM Player

GOM_Player_Default_Skin_Screenshot

サーバーがハッキングされてマルウェア(ウイルス)を仕込まれていたことで有名。

マルウェア(ウイルス)についての公式記事

この事件を無しにしてもインストールの際に設定しないと迷惑ソフトを追加でインストールされます。

また動画再生後に広告も表示されますので、おすすめしません。

使用する際は自己責任というレベルです。

GOM Player 公式サイト

MPC-BE(Media Player Classic Black Edition)

MPC-BE-Screenshot

このMPC-BEはMPC(Media Player Classic)とMPC-HC(Media Player Classic Home Cinema)をベースに作られています。

シンプルなデザインで使いやすいです。

このソフトはウイルスが仕込まれていたこともありませんし、

迷惑ソフトインストールすることもありませんので信頼性も高いです。

MPC-BE 公式サイト

VLCメディアプレイヤー

VLC-Screenshot

MPC-BEと同じくシンプルで使いやすいですし、動作がかなり軽いので、低スペックのPCにもおすすめです。

私自身も、このVLCメディアプレイヤーをメインで使用しています。

またキャプチャや動画エンコードなどなどできることが豊富です。

もちろん信頼性も高いです。

VLCメディアプレイヤー 公式サイト

どれがおすすめ?

個人的にはMPC-BEとVLCメディアプレイヤーがおすすめです。

紹介していないだけで5KPlayerやSMPlayerなど、他の動画プレイヤーもありますがそれらを含めてもMPC-BEとVLCメディアプレイヤーをおすすめします。

コメント