【遊戯王】マキシマムクライシスの最安値サイト&ボックス情報!

今回は2017年1月14日発売予定のマキシマムクライシスの紹介です

最安値サイトだけ知りたい方は下のリンクからどうぞ

最安値 No1

略号は「MACR」(MAXIMUM CRISIS)
第9期第12弾となるこのパックのパッケージイラストは覇王龍ズァーク!

このカードがまたぶっ壊れ・・・(-_-;)

効果などはこんな感じ

覇王龍ズァーク

融合・ペンデュラム・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻4000/守4000
【Pスケール:青1/赤1】
(1):このカードがPゾーンに存在する限り、
相手フィールドの融合・S・Xモンスターは効果を発動できない。
(2):1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた時に発動できる。
そのカードを破壊する。
【モンスター効果】
ドラゴン族の融合・S・X・Pモンスター1体ずつ合計4体
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドのカードを全て破壊する。
(2):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
デッキ・エクストラデッキから「覇王眷竜」モンスター1体を特殊召喚する。
(4):モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

召喚されればかなり厄介なカードです

ちなみに今回の強化カテゴリー?などはこんな感じです

LL
覇王門
覇王眷竜
真竜
幻煌龍
EM
魔術師
スピードロイド
捕食植物
融合
フュージョン
DD
契約書
リゾネーター
影霊衣
幻影騎士団
RR
DDD
セフィラ
巨大戦艦
ファントム
破壊剣バスターブレイダー
ダイナミスト

覇王門や覇王眷竜などの新規テーマもありますが

どんだけ強化するの?(;´・ω・)

ちなみにこのボックスで個人的に気になっているのが真竜というテーマです

知っている人もいるかもしれませんが

実はこのテーマ、環境入りするのでは?といわれています

特に強いと思うのが真竜皇V.F.D.(しんりゅうおう ザ・ビースト)です

効果などはこんな感じ

真竜皇V.F.D.

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/闇属性/幻竜族/攻3000/守3000
レベル9モンスター×2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、属性を1つ宣言して発動できる。
ターン終了時まで、フィールドの表側表示モンスターは宣言した属性になり、
宣言した属性の相手モンスターは効果を発動できず、攻撃もできない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の手札の「真竜」モンスターの効果で破壊するモンスターを相手フィールドからも選ぶ事ができる。

けっこうイヤな予感がするカードです(;´・ω・)

他にも

真竜の継承
永続魔法
「真竜の継承」の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。このターンにフィールドから墓地へ送られた「真竜」カードの種類(モンスター・魔法・罠)の数だけ、自分はデッキからドローする。
(2):自分メインフェイズに発動できる。「真竜」モンスター1体を表側表示でアドバンス召喚する。
(3):このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

真竜凰の使徒
永続魔法
「真竜凰の使徒」の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない
(1):自分の墓地の「真竜」カード3枚を対象として発動できる。そのカードをデッキに加えてシャッフルする。その後自分はデッキから1枚ドローする。
(2):自分メインフェイズに発動できる。「真竜」モンスター1体を表側表示でアドバンス召喚する。
(3):このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合、フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

などなど強力なカードがあります

なので真竜へのメタカードとして

ツインツイスター

速攻魔法

(1):手札を1枚捨て、フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

魔封じの芳香

永続罠

(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、セットしたプレイヤーから見て次の自分ターンが来るまで発動できない。

などが予想されています

それでは気になる最安値サイトのリンクです
最安値 No1
最安値 No2
最安値 No3

*記事を書いた時点の価格で比べています

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク