Radeon RX500シリーズが発売開始!

前回記事にしました

Radeon RX580やRX570などのRX500シリーズが発売開始しました

Radeon RX580の価格は税込30,000円中盤からになる予定゚(´・ω`・)エッ?

しかしRX580/RX570などは基本的にRX400番台のクロックアップをしたものですので

ベンチマークのスコアは微増していますが、

クロックアップしたため消費電力も増えています^^;

ただRX560/RX550は使用用途が合えばおすすめできます

RX580/RX570の価格

また価格もAmazonではRX580は最安値で32,378円

そしてRX570は同じくAmazonで最安値は25,358円

RX480/RX470をおすすめする理由!

普通に価格リセットされてますね(;・∀・)

ベンチマークのスコアも5%から10%ほど上昇していますが

消費電力はだいたい30Wほど上昇しています(;^ω^)

ですのでRX580/RX570の購入を検討されている方の中で

AMDのグラボしか使いたくない!

AMDの最新商品を使いたい!

という方以外はRX480/RX470で大丈夫かと思います

RX480/RX470のリンク

一応RX480とRX470のAmazonへのリンクを貼っておきます

ここでAmazonで販売しているか確認して見ると

AmazonではRX480は1種類しか売ってませんでした(; ・`д・´)

しかもRX580よりも高い・・・

一応リンクは貼っておきますが

消費電力は気にしない( ー`дー´)キリッ

そんな方はRX580の購入をおすすめします(;^ω^)

どんでん返し・・・

RX560について

さてRX580/RX570は基本クロックアップだけでしたが

RX560は違います( ー`дー´)キリッ

RX460からの違いとしまして

CU(コンピュートユニット)が14から16へ増えています

*コンピュートユニットとはわかりやすく言うと演算ユニットです

その他にもストリームプロセッサ・テクスチャユニットも増えていますし

RX580/RX570と同じくクロックアップもしています

そのため、そこそこのスペックは欲しいけど

お金はあまり出せないという方におすすめです

ただベンチマークは見つけれなかったため

どれくらい性能が上がったかはわかりません(;・∀・)

見つけたらまた報告します

またAmazonではまだ販売していないためリンクはないです(;^ω^)

注目のRX550は?

さて何気に自分がRX500番台で一番注目していたRX550についてです

そもそもRX400番代ではRX450というのは無かったので

RX500番台に入ってできたものなのです

注目する点はロープロファイルに対応した製品が出ることです

まぁ、簡単に説明するとスリムタイプのPCでも入る可能性が高い!

そんな感じの認識でいいと思います

もちろん入らない可能性もあるので

ちゃんとサイズを図ってから購入することをおすすめします

ですが性能はRX500番台でPolaris系列ではスペックが一番低いものになります

ですので3Dバリバリのゲームをしたいという方はおすすめしません

おすすめ使用用途は

・CPUの内蔵グラフィックがついていない人

・CPUの内蔵グラフィックの機能に満足できない人

・マルチディスプレイをしたい方

このような使用用途の場合はおすすめできます

最後に

RX580/RX570はあまりおすすめできませんが

RX560/RX550は使用用途が合えばおすすめできる製品です

もっと高スペックなものが欲しい方は

5月にVegaという高スペックなグラボが発売予定なので

それまで待ってみてもいいかもしれません

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク