Windows10で拡張子を表示/非表示する方法

Windows10でテキストファイルをhtmlファイルとして扱いたい時など拡張子を変更する必要がある場合があると思います。

今回はそんな時に必要になる拡張子を表示/非表示する方法を紹介します。

スポンサーリンク

拡張子とは?

拡張子とはどのようなファイルか識別するためにファイル名の最後に付けられる文字列のことです。

ファイル名と拡張子の間にはピリオドが入ります。

有名な拡張子にはmp3、mp4、jpg、txtなどがあります。

説明拡張子
音声ファイルmp3
動画ファイルmp4
画像ファイルjpg
テキストファイルtxt

拡張子を表示/非表示のする方法 1

拡張子を表示/非表示する方法は2つあるので分けて説明します。

今回は変化がわかりやすいようにテキストファイルを作っておきました。

 

まずはエクスプローラーを開きます。

開いた時にリボンが出てきていない場合は画像にある下矢印をクリックします。

Windows10で拡張子を表示/非表示する方法 エクスプローラーの起動

リボンが出てきたらこのようになると思います。

Windows10で拡張子を表示/非表示する方法 リボンを開いた後

画像の場合だとリボンはホームタブを選択していますが表示タブを選択してください。

Windows10で拡張子を表示/非表示する方法 表示を選択

表示タブを選択したらナビゲーションウィンドウやレイアウトのカスタマイズが出来るタブが出てきます。

Windows10で拡張子を表示/非表示する方法 表示を選択後

出てきた表示タブにある【ファイル拡張子】にクリックしてチェックを入れると拡張子が表示されます。

Windows10で拡張子を表示/非表示する方法 拡張子表示完了

ちゃんとテキストファイルの拡張子であるtxtがファイル名の後に追加されています。

拡張子を表示/非表示のする方法 2

基本的には方法 1で大丈夫ですが別の方法もあるということで方法 2を説明していきます。

まずは方法 1で説明した方法で表示タブを開きます。

次に表示タブにあるオプションをクリックして開きます。

拡張子を表示/非表示のする方法 2 オプションの開き方

クリックするとフォルダーオプションというウィンドウが表示されますので表示タブを開きます。

拡張子を表示/非表示のする方法 2 表示タブの開き方

開いた表示タブの詳細設定から【登録されている拡張子は表示しない】のチェックを外します。

拡張子を表示/非表示のする方法 2 登録されている拡張子は表示しないのチェックを外す

チェックを外したらOKボタンを押して終了します。

拡張子を表示/非表示のする方法 2 チェックを外した後にOKボタンを押す

終了後に確認してみるとちゃんと拡張子が表示されています。

拡張子を表示/非表示のする方法 2 拡張子表示終了

方法 1でやった【ファイル拡張子】にチェックが入っていますが連動しているだけなので気にしなくても大丈夫です。

終わりに

どうでしたでしょうか?

思ったより簡単にできたと思います。

基本的には方法 1のやりかたで大丈夫ですが別の設定も変更したい場合は方法 2のやりかたがおすすめです。

このブログではWindows10に入れておくべきおすすめフリーソフトという記事も書いていますので動画プレイヤーやブラウザなどを迷っている方はご覧ください。

Windows10に入れておくべきおすすめフリーソフト【2019年版】

コメント