PS4コントローラーをPCで使えるようにするDS4Windowsを紹介

初めてPCゲームをプレイしようとする場合にPC用ゲームパッドをお金を出して購入するほど真剣にはプレイしないけど、まずは今までと同じようにコントローラーを使用してプレイしてみたい場合にはPS4コントローラーで代用することができます。

今回はPCでPS4コントローラーを使用出来るようにするソフトDS4Windowsの紹介です。

 

スポンサーリンク

インストール方法

まずはソフトを公式Githubからダウンロードします。

DS4Windows公式Github

もちろん最新バージョンのDS4Windows.zipをダウンロードしましょう。

ダウンロードしたらファイルが圧縮されているので解凍します。

*今回はWindows10のおすすめソフトで紹介している7-Zipを使用しています。

解凍したフォルダにDS4Windows.exeがあるので、そのファイルを実行します。

初めて実行するとこのソフトの設定をどこに保存するかを聞いてきます。

「Program Folder」はDS4Windows.exeがあるフォルダに設定を保存します。

俗にいうポータブル版のようなものなのでUSBで持ち歩きたい場合はこちらです。

「Appdata」はユーザーフォルダに設定を保存します。

こちらはインストール型ですので持ち歩かない場合はこちらです。

どちらを選んでも使用方法は同じなので今回は「Program Folder」を選択して進めていきます。

進めると管理者権限を要求してきますがOKを選びます。

進めるとこのような画面が出てきます。

「Step1:install the DS4 Driver」をクリックしてドライバーをインストールします。

インストールするか聞いてくるので「インストール」を選びます。

インストールが終わるとこのような画面が出てきますが、この時点でPS4コントローラーを接続していると接続されているIDなどが表示されます。

もしドライバーインストール後に接続しても表示されない方はソフトを再起動してください。

これでDS4Windowsのインストールは終了です。

ボタン設定方法

インストールが終了したらPCで使用できるようになっていますがもっと便利にするためにボタン設定をしていきます。

まずはProfilesタブに移動して新しくProfileを作成するため「New」をクリックします。

クリックするとこのような画面が出てきますが気にする部分はコントローラーが描かれている部分だけです。

R3やL3などが書かれている場所を選んでダブルクリックすると、どのキーボードやコントローラーのボタンを設定するかを表示されるのでクリックで選びます。

この設定をしておくとゲームごとにボタンに設定しておくキーなどを保存しておくことや自分が使いやすいボタン配置に変更できます。

設定が終わったら「Save Profile」をクリックしてプロファイルを保存しておきます。

次に「Auto Profiles」タブに移動します。

移動したら「Add Programs」から「Add Directory」をクリックして先程保存したプロファイルを使いたいソフトやゲームを選択します。

今回はSteamでおすすめな基本無料ゲームで紹介しているWarframeを選びました。

選んだらConttoller1に先程保存したプロファイルを選択して「Save」をクリックして保存します。

これでDS4Windowsを起動していれば保存したプロファイルでゲームをプレイできます。

コメント