マイニングGPUはRadeonとGeforceどっちがいいの?

さて今回はRadeonのRX系とGeforceのGTX系は

どちらがマイニングにはおすすめなのか書いていきます

マイニングする仮想通貨のアルゴリズムによる

まずは現在マイニングしている仮想通貨のアルゴリズムを調べましょう

イーサリアムやイーサリアムクラシックならEthash、

ZcashやZencashならEquihash、

最近爆上げ中のMoneroならCryptoNight、

大体皆さんがマイニングしている仮想通貨はこの中にあると思います

ない場合は「(仮想通貨名) アルゴリズム」とかで調べれば出てくると思います

イーサリアムやイーサリアムクラシックの場合

イーサリアムやイーサリアムクラシックの場合は元手が多いのなら、

GTX系のGTX1070、

元手がそこそこならRX580やRX570などがおすすめです

Ethashのハッシュレートは以下の通りです(無改造時)

GPU名 ハッシュレート
GTX1070 約30MH/s
RX580 約25MH/s
RX570 約24MH/s

*ハッシュレートはメモリのメーカーによっても変わってくるので大体の数字です

この表を見る限りはGTX1070が良さそうですが

GTX1070にも弱点があります

それは価格です

GTX1070は約4万5千円ほどに対し

RX580は3万5千円、RX570に至っては2万5千円程となっています

2万円も差がつくとほぼRX5701個分なので

GTX1070の購入はためらいます

しかし、私はGTX1070の購入をおすすめします

理由は後述します

ZcashやZencashの場合

ZcashやZencashのアルゴリズムであるEquihashはGTX系の方が有利です

というかZcashなどEquihashが使用されている仮想通貨をマイニングしている人は

ほとんどRX系は使いません

なぜかというとGTX系のGTX1070とRX480なら

GTX1070のハッシュレートがRX480の1.5倍ほどあるからです

なのでZcashなどをマイニングする人やマイニングしたい人はGTX系

特にGTX1070をおすすめします

なぜGTX系の中でGTX1070をおすすめするかは後述します

Moneroの場合

Moneroで使われているアルゴリズムであるCryptoNightは

GTX系、RX系のどちらが有利などはほとんどありません

ワットパフォーマンスを求めるならRyzen7が最も効率がいいです

またどちらのGPUもそれほど差はないので上位版があるGTX系がおすすめです

なぜGTX1070がおすすめなの?

さて今まで散々GTX1070をおすすめしてきましたが

GTX1070のどこがおすすめなのか紹介していきます

消費電力がRX480などに基本的に比べて低い

GTX1070はRX580と比べるとZcashをマイニングする際の消費電力は

ハッシュレートで見比べるとかなり低いです

GPU ハッシュレート 消費電力
GTX1070 440 h/s 165W
RX580 310 H/s 115W

これをハッシュレート÷消費電力で計算してみると1Wあたりのハッシュレートが出ます

GTX1070は約2.6、RX580は約2.6

あれ?同じではと思ったあなた!

GTX1070はメモリークロックを上げることで1Wあたり

約4.0までもっていくことが可能なのです!

RX580もメモリークロックを上げることで多少のハッシュレート向上も期待できますが

1Wあたり4.0までもっていけた話は聞いたことがないです(;^_^A

売却時の価格が高い

GTX系はRX系と比べると売却時の価格が高いです

GTX系はゲームなどが最適化されていることが多いので

ゲーマーからの需要があります

一方でRX系は発色が良いなどの理由で好んで使用する人もいますが

かなりコアな人達でゲーマーのほうが人口が多いです

色々なアルゴリズムで使える

GTX1070は色々なアルゴリズムで使用できます

上記記事で紹介したNiceHashのcalculatorを見てみると

GTX1070

RX580

GTX1070は色々なアルゴリズムで使われているのに対し

RX580はDaggerHashimoto(EThash)がメインです

このためRX580はEThashをメインに使用するなら別ですが

色々なアルゴリズムをマイニングするのには適していません

以上の理由からGTX1070はマイニングにおすすめです

最後におすすめのGTX1070(8ピン1つ)のグラフィックボードを紹介します

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク