CorsairのRM1000xを購入したのでレビュー!

今回はCorsairのRM1000xを購入したのでレビューします

RX480をレビューしたときに書きましたが

見せてもらおうか!RX480の性能とやらを

この記事で電源を新調しようと決めたのですが

これからこのパソコンは、結構特殊な使い方をしようと画策しているので

ワット数に余裕がある&80plus gold以上の電源が欲しかったのです

しかし!

1000ワットや1200ワットの電源はバカみたいに高い!

例を挙げると

こんな感じです

価格を見てもらえればわかりますが

電源だけで4万!

流石に手が出ません・・・(;´・ω・)

ということで新品は諦めヤフオクで商品を探しましたが

海外の製品が多く日本で使えるか不安な商品がほとんどでした

またヤフオクは中古がメインで長く使用しているものもたくさんあり

コンデンサの寿命が心配でした

途方に暮れていましたがここで名案が!

Amazonアウトレットで買えばどうだ!

閃いてすぐAmazonアウトレットへ行きます

*Amazonアウトレットに関しては記事にしていますので下記リンクからどうぞ

凄く安く買えるAmazonアウトレットって何?保証は?

そしたら1つだけありました!

それがCorsairのRM1000xです

元々の価格は22,680円でしたがAmazonアウトレットでは16,854円で販売していました

AmazonアウトレットはAmazonの厳しい基準で検品されているので

コンデンサなどの寿命はおろかほとんど使用されていないものが多いです

もちろん速攻でポチりました(∩´∀`)∩

スペックはこんな感じです

まずケーブルはすべて取り外し可能なフルモジュラー式を採用していて

電源コネクタ数は以下の通りで十分です

ATX 24(20+4)ピン電源コネクタ 1
EPS/ATX12V 8(4+4)ピン電源コネクタ 2
PCIe 8(6+2)ピン電源コネクタ 8
SATA電源コネクタ 11
ペリフェラル電源コネクタ 12
FDD電源コネクタ 1(変換ケーブル使用)

保護回路が盛りだくさん

過電圧保護(OVP)、低電圧保護(UVP)、過電流保護(OCP)、ショート回路保護(SCP)、

過温度保護(OTP)、過負荷保護(OPP)

ここまであれば心配ないですね

全てのコンデンサに日本メーカー製105℃コンデンサを採用

全ての液体、固体コンデンサに日本メーカー製105℃コンデンサを採用していますので

信頼性もあり長寿命です

MTBF(平均故障間隔)

100,000時間と膨大で

24時間つけっぱなしでも100,000時間経過するまで

4166日かかります

年数に直すと11年以上になります

あくまで平均故障間隔なので

100,000時間経過する前に壊れてしまう可能性もありますが

信頼性は高いと思います

安心の長期10年間保証

新品で購入した場合の保証期間は10年間とかなり長いです

*自分はAmazonアウトレットで中古で購入しているので10年保障はないです(;´・ω・)

80PLUS GOLDを取得

80PLUSとは80%以上の電気変換効率を満たしている製品にあるロゴです

80%未満の電気変換効率の電源と比較してみると、

発熱の減少、それによるパーツへの負荷の減少、静音化、省エネ化などのメリットがあります

そのなかで上から3番目の80PLUS GOLDをこの製品は取得しています

80PLUS GOLDの電気変換効率(理論値)は90%とかなり高いです

まとめ

Amazonでも人気に商品で評価は5つ星のうち 4.6でしたのでかなりいい評価だと思います

使用してから10日ほどたちますが特に問題なく動いています

1000ワットの電源が必要な方はなかなかいないでしょうが

650ワットや750ワットもあるので普通にパソコンを使う人にもおすすめです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク