PCゲーム用のゲームパッドのおすすめをご紹介【2019年版】

PCゲーム用のゲームパッドが欲しいけど、どれがいいのかわからない。

そんな人のために作ったPCゲーム用のゲームパッドのおすすめを紹介した記事です。

もちろん国産オンラインゲーム、海外ゲーム(Steamなど)でも使えます。

ゲームパッドを選ぶ際に必要な予備知識

ゲームパッドのおすすめ商品をこの後に紹介しますが、その前にゲームパッドを選ぶ際に必要な予備知識を紹介していきます。

そもそもゲームパッドは必要なの?

ゲームパッドを購入したい方の中には「ゲームをプレイするのにそもそもゲームパッドは必要なの?」と疑問に思う方もいると思います。

実際プレイするだけなら必要ないです。

しかしオンラインゲームはキーボードとマウスで操作する場合は覚えることが多く始めたばかりの人は、まず操作方法を覚えるのに苦労します。

PSO2をキーボードで操作する際に初期状態で決められているキー

キーボード操作|『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト | SEGA
国内最大級のオンラインRPG『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト

これはPSO2をキーボードで操作する際に初期状態で決められているキーですがメニュー・ウィンドウだけでも22個のキーが割り当てられています。

これを見ただけですぐ操作するのは難しいと思います。

PSO2をゲームパッドで操作する際に初期状態で決められているキー

ゲームパッド操作|『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト | SEGA
国内最大級のオンラインRPG『ファンタシースターオンライン2』プレイヤーズサイト

こちらがPSO2をゲームパッドで操作する際に初期状態で決められているキーですがメニュー・ウィンドウだけで無く移動・アクションを含めても17個のボタンで操作できてしまいます。

どちらが簡単に操作できるかは一目瞭然です。

実際私もキーボードとマウスからゲームパッドに変更したら操作がかなり楽になりました。

なので操作を楽に操作したい方はゲームパッドを使用してプレイすることをおすすめします。

ゲームパッドの入力規格について

ゲームパッドの入力規格がプレイしたいゲームと違うとゲームパッドで操作できないので、これだけはゲームが採用している規格と一致させてください。

といってもそこまで難しく考えなくても大丈夫で大体は公式サイトに書いてあります。

もし記載がない場合や両方を使いたい場合は入力規格を切り替えられるゲームパッドもあるのでそれをおすすめします。

DirectInput

マイクロソフトが開発しているDirectXライブラリに入っているDirectInputは昔から使われている入力規格です。

最近はXInputが主流で開発元のマイクロソフトも後述するXInputの使用を推奨しています。

昔のゲームなどを遊びたい場合はXInputではなくDirectInputのみに対応している場合があるのでその場合はDirectInput対応のゲームパッドを選ぶ必要があります。

ゲームパッドのおすすめ商品で紹介するロジクール製のゲームパッドのF310rやF710rは入力規格をDirectInputに切り替えることができるのでおすすめです。

DirectInputに切り替えられる機能

 

XInput

マイクロソフトが開発した新しく開発した入力規格でDirectX 9以上で利用可能となってます。

オンラインゲームなどアップデートが定期的にあるゲームやSteamなどで発売されている海外ゲームは基本的にこの入力規格を採用しています。

これからリリースされるゲームもXInputのみ対応ということはあってもDirectInputのみ対応ということは無いと思うので基本的にXInputを採用しているゲームパッドを選べば大丈夫です。

XInput対応ゲームパッド

ゲームパッドの接続方法

ゲームパッドの接続方法はUSB接続で使用する有線とbluetoothを使用する無線の2種類がありますのでそれぞれメリットとデメリットを紹介していきます。

有線のメリットとデメリット

それではまずは有線のメリット・デメリットから紹介していきます。

有線のメリット
  • 充電または電池交換の必要がない。
  • バッテリーや電池の重量がないので、無線に比べると比較的軽い。
  • ケーブルで繋がっているため操作不能になることがなく安定している。
  • USBを接続するだけで使用できる。
  • 追加で必要なものがない。
有線のデメリット
  • イヤホンなどの別のコードと絡まることがある。
  • ケーブルを接続する必要があるためそれ以上は離れて操作が出来ない。

無線のメリットとデメリット

では次に無線のメリット・デメリットです。

無線のメリット
  • ケーブルがないので他のケーブルが絡まったり引っかかることがない。
  • ケーブルがない分、綺麗に見える。
  • 無線がつながる範囲ならいくら離れても操作できる。
無線のデメリット
  • 初回接続時にペアリングをする必要があるため有線のように接続するだけは使用ができない。
  • 有線に比べて電池やバッテリーなどが必要なため比較的重い。
  • 無線で接続するため電子レンジなどで電波干渉されると操作不能になったり接続が切れたりするなど接続が不安定になりやすい。
  • パソコンにBluetoothを搭載していない場合はレシーバーを追加購入する必要がある。
無線接続に必要なレシーバー

ゲームパッドを無線接続で利用したいと思っている方は使用しているパソコンにBluetoothが搭載されているか確認が必要です。

搭載されていない場合にはBluetoothレシーバーが必要になります。

このレシーバーはソフトウェアのインストールが必要なくPCに接続するだけで使えるためパソコンがよくわからない方にもおすすめです。

*購入時のマニュアルにはソフトウェアのインストールをするように書いていますが必要ないので無視してください。

ゲームパッドのおすすめメーカー

今回紹介するゲームパッドを作っているメーカーの中でも特におすすめのメーカーを紹介します。

マイクロソフト(Microsoft)

言わずとしれたWindowsやオフィスを開発している会社です。

マイクロソフトから発売されているXboxのコントローラは先代のXbox360から品質が高いため耐久性も高く「ゲームパッドで迷ったらコレ!」と言われるくらい定番のコントローラです。

今回紹介するXbox360コントローラの後継機であるXbox コントローラもレビューの件数などから人気がわかります。

唯一の欠点は対応規格がXInputのみでDirectInputのゲームパッドを生産していないところです。

ただし、最近のゲームはXInput対応のゲームが殆どのためあまり欠点にはなりません。

Xbox360コントローラ

ロジクール(LOGICOOL)

ゲーミングマウスやゲーミングキーボードなどを発売しているゲームに特化したメーカーです。

コントローラの価格が安いためコスパが良くDirectInputとXInputの両方の入力規格に対応していてスイッチで簡単に切り替えができる機能があり新しくリリースされたゲームからレトロゲームまでプレイする方におすすめです。

ロジクールのゲームパッド

PCゲーム用のゲームパッドのおすすめ商品【2019年版】

それではゲームパッドのおすすめ商品【2019年版】を紹介していきます。

マイクロソフト(Microsoft) Xbox コントローラー 4N6-00003

マイクロソフト(Microsoft) Xbox コントローラー

ゲームパッドをよく知らない方や、どのゲームパッドを購入するか迷っている方はこのXbox コントローラーがおすすめです。

数年前まではXbox 360 コントローラー(箱コン)が非常におすすめされていましたが生産終了しましたので、後継機であるこのXbox コントローラーがXbox 360 コントローラー(箱コン)の代わりとしておすすめです。

Xbox 360 コントローラー(箱コン)と比較しても追加購入なしに有線&ワイヤレスどちらも使用可能になるなど進化している所もあります。

Amazonのレビュー数が1500件を超えていて人気の高さがわかります。

しかし、OSのバージョンによって接続方法が変わるので、

OSのバージョンを確認した上での購入をおすすめします。

マイクロソフト(Microsoft) Xbox コントローラーを使う際にOS毎に使用できる接続方式の表

有線接続の場合はこちらの基本的なXbox コントローラーがおすすめです。

無線接続(Bluetooth)を検討している場合は使用しているPCがBluetoothを搭載しているか確認をして選んでください。

Bluetoothを搭載しているPCではこちらの商品でも無線接続が可能ですが搭載していない場合は有線接続のみになるので注意です。

無線接続したい場合は無線接続に必要なレシーバーで紹介した商品の購入をおすすめします。

メーカーマイクロソフト
サイズ15.3 x 10.2 x 6.1 (cm)
接続方法有線&無線
入力規格XInput

Valve(バルブ) Steamコントローラー

Valve(バルブ) Steamコントローラー

世界最大のゲーミングプラットフォーム「Steam」が販売しているコントローラーです。

Steamのゲームをプレイする目的で使用するならSteamコントローラーが一番おすすめです。

デュアルトラックパッドを搭載していて、柔軟なボタンのカスタマイズを公式ソフトで可能なのが特徴です。

ゲームごとに設定を保存できゲームによっては公式がおすすめの設定を公開していてSteamから簡単にインポートできます。

Xbox コントローラーと同じくレシーバーが同梱されているので有線接続、無線接続の両方に対応しています。

無線接続時はバッテリーではなく単3電池 2本で動作します(購入時に付属しています)ので乾電池が切れた場合は交換が必要です。

メーカーValve
サイズ22 x 16.2 x 6.8(cm)
接続方法有線&無線
入力規格XInput

ロジクール(LOGICOOL) ゲームパッド F310r

LOGICOOL(ロジクール) ゲームパッド F310r

ゲーミングマウスやゲーミングキーボードで有名なロジクール(LOGICOOL)から発売されているゲームパッドです。

このゲームパッドはDirectInputおよびXInputに対応しているためDirectInputのみ対応しているゲームやXInputのみ対応のゲームを本体のスイッチを切り替えて両方をプレイ可能です。

SteamのBig Pictureモードにも対応しているのでBig Pictureモードでの使用を予定している方にもおすすめです。

Xbox コントローラーよりも安価なのでゲームパッドがどのようなものかお試しでの購入する方におすすめです。

メーカーロジクール
サイズ20.2 x 17.5 x 8 (cm)
接続方法有線
入力規格XInput&DirectInput

ロジクール(LOGICOOL) ゲームパッド F710r

LOGICOOL(ロジクール) ゲームパッド F710r

さきほど紹介したF310rのワイヤレス版です。

レシーバーをUSBポートに差し込むだけで利用できます。

基本的な性能はF310rと同じです。

もちろんDirectInputおよびXInput2種類の入力規格に対応していますので、ワイヤレス接続可能なゲームパッドをできる限り安価に入手したい方におすすめです。

メーカーロジクール
サイズ19.6 x 16.1 x 9.2 (cm)
接続方法無線
入力規格XInput&DirectInput

SONY ワイヤレスコントローラー DUALSHOCK 4 CUH-ZCT2J

SONY ワイヤレスコントローラー DUALSHOCK 4

Xbox系よりPS系のコントローラーの操作に慣れている方におすすめです。

*ステレオヘッドホン/マイク端子がありますがWindows PC上ではサウンド関連は動作しません。

DUALSHOCK 4はコントローラーを購入時にbluetoothレシーバーと有線ケーブルが付属しないため、PC本体にbluetoothを搭載していない場合にはレシーバー、有線接続時にはケーブルを別途購入する必要があります。

Bluetoothレシーバーは無線接続に必要なレシーバーで紹介した商品をおすすめします。

有線ケーブルはサードパーティ製があるのでそちらをおすすめします。

メーカーSONY
サイズ16.1cm x 5.7cm x 10 (cm)
接続方法有線&無線
入力規格DirectInput

マイクロソフト(Microsoft) Xbox Elite ワイヤレス コントローラー

マイクロソフト(Microsoft) Xbox Elite ワイヤレス コントローラー

今回紹介するゲームパッドで一番高価なゲームパッドです。

高級感があるゲームパッドが欲しい方にはこれほどおすすめなものはないでしょう。

ゲームパッドでは珍しくD-Padは金属製で、丸形と十字キータイプを好みに交換可能です。

スティックも交換可能でゲームによってスティックの長さの変更も出来ます。

金属パーツがあるおかげか、かなり高級感があります。

しかしこのコントローラーのボタンやスティックの感度などをカスタマイズできるXbox アクセサリー アプリはWindows10またはXbox Oneが必要なので注意です。

ボタンの割り当てなどをせずに普通に使用する場合はWindows7以降のPCなら可能です。

ヘアトリガーロック機能を使用すればトリガーの引ける量が変わって浅い押し込みで反応するので、FPSなど素早い操作が必要なゲームをプレイする際に便利な機能です。

Xbox コントローラーで紹介したバッテリーも使用可能、同梱内容にあるUSBケーブルで有線も可能です。

ブラックカラーのリンクを貼っていますがリンク先のAmazonではホワイトカラーも販売していますので好きな色を選んでください。

bluetooth非搭載のPCで無線接続をする際にはbluetoothアダプターが必要なため最初の方で紹介したエレコムのbluetoothレシーバーの購入をおすすめします。

メーカーマイクロソフト
サイズサイズ記載なし
接続方法有線&無線
入力規格XInput

ELECOM(エレコム) ゲームパッド JC-FU2912FBK

ELECOM(エレコム) ゲームパッド JC-FU2912FBK

PS系のゲームパッドと同じ配列で12ボタンそれぞれで連射機能を設定することが出来ます。

エレコム ゲームパッドアシスタントを使用し、ゲーム毎にカスタマイズしてプロファイルを保存することが可能です。

メーカーエレコム
サイズ6.4 x 16.1 x 9.8 (cm)
接続方法有線
入力規格DirectInput

Diswoe xbox 360コントローラー ゲームパッド

Diswoe xbox 360コントローラー ゲームパッド

名作であるXbox 360コントローラーに似せて作ったと思われるゲームパッドです。

後継機であるXbox コントローラーは形が変わっているためXbox 360コントローラーに似たゲームパッドが欲しい方におすすめです。

メーカーDiswoe
サイズ10 x 10 x 4 (cm)
接続方法有線
入力規格XInput

最後に

どうでしたでしょうか?

いいゲームパッドは見つかりましたか?

個人的な意見ですが、よほどの理由がない限りは人気の高いXbox コントローラー1択だと思ってます。

別の記事ではゲームパッドが使えるPCゲームを紹介していますので、気になれば御覧ください。

ゲームパッド対応無料PCオンラインゲームおすすめランキング【2019年版】
日頃コンシューマーゲーム(PlayStation 4,ニンテンドー3DSなど)をやっていて初めてPCオンラインゲームに手を付けてみた人は驚くと思います。 なんでゲームパッドに対応していないの~~~( ;∀;) 自...

コメント