Samsung 860 EVOをレビュー 高耐久でコスパ最強SATA SSD

今回は2018年にサムスンが発売したSATA SSDの最新モデル「Samsung 860 EVO」の500GBを購入したので、このSSDは高耐久でコスパ最強SATA SSDであることを初心者にもわかりやすくレビューしていきます。

スポンサーリンク

Samsung 860 EVOのスペック

まずは高耐久でコスパ最強と思っている要因であるスペックを見ていきましょう。

スペックSamsung 860 EVO
容量250GB500GB1TB2TB4TB
ファームセクタ2.5インチ
mSATA
M.2(Type2280)
インターフェースSATA3.0(6GB/s)
コントローラーSamsung MJX コントローラ
NANDフラッシュSamsung製64層 3D TLC NAND
DRAMキャッシュメモリ(LPDDR4)512MB1GB2GB4GB
SLCキャッシュ12GB22GB42GB78GB
書き込み(シーケンシャル)520MB/s
読み込み(シーケンシャル)560MB/s
書き込み(SLCキャッシュ無し)300MB/s500MB/s
書き込み(4KB,QD32)90000 IOPS
読み込み(4KB,QD32)98000 IOPS
書き込み(4KB,QD1)42000 IOPS
読み込み(4KB,QD1)10000 IOPS
消費電力(動作時平均)2.2W2.5W3.0W3.0W3.0W
消費電力(スリープ時)2mW2.6mW5mW8mW
保証5年
TBW150TB300TB600TB1200TB2400TB
Amazon価格(2.5インチ)4980円7051円17871円43005円86215円
GB単価19.92円14.102円17.871円21.5025円21.55375円

ここで注目してほしいのがTBWとDRAMキャッシュメモリです。

TBWとは日本語で「総書き込み容量」のことで簡単に言うと、どのくらいまで書き込んでもエラーが出ないかを指していますのでTBWが多いほど高耐久であると言えます。

SSDで保証を使う場合は保証期間内な事と今までSSDに書き込んだ容量がTBWを超えていないことが条件とする場合が多いのでTBWは保証を使用する場合にも多いに越したことはないです。

このSamsung 860 EVOは一般向けTLC SSDではTBWが高く、今回購入した500GBモデルは旧世代である850 EVOの500GBモデルと比べてTBWが倍に増えています。

次にDRAMキャッシュメモリですが、これが有ると無しとでは大きな差があります。

DRAMキャッシュメモリが無いだけでランダムリードライトなどの小さなデータをやり取りする場合に速度が落ちます。

小さなデータをやり取りする場合に速度が落ちるということはOSをインストールした場合に速度の低下が起こる可能性があるということです。

その他にDRAMキャッシュメモリは寿命にも影響を与えてDRAMキャッシュメモリがあるSSDは無いSSDと比べて寿命が倍以上違うと言われています。

Samsung 860 EVOの外観

まずは外観から見ていきます。

今回はAmazonアウトレットで購入したので簡易梱包になっていますが新品ならちゃんと箱に入って送られてきます。

860evo-梱包

開けると本体と説明書が入ってました。

860evo-本体表

860evo-説明書

本体の裏側にはシリアルナンバーなどが記載されています。

860evo-本体裏

外観はシンプルでカッコいい普通のSSDです。

Samsung 860 EVOのベンチマーク

続いてはSSDを購入する際に気になる、どれだけの速度が出るのかを証明するためにベンチマークを計測していきます。

CrystalDiskMark

まずは有名なベンチマークソフトであるCrystalDiskMark(バージョン6.0.2)から計測していきます。

まずは500MBです。

860evo-CrystalDiskMark-500mb

ちゃんとスペック通りの速度が出ています。

次に1GBです。

860evo-CrystalDiskMark-1gb

まだ大きな速度低下は見られません。

次にちょっと飛んで4GBです。

860evo-CrystalDiskMark-4gb

4GBでも大きな速度低下は見られません。

次は思い切って16GBです。

860evo-CrystalDiskMark-16gb

16GBでも大きな速度低下は見られませんでした。

AS SSD Benchmark

次にSSD専用ベンチマークソフトのAS SSD Benchmark(バージョン2.0.6821.41776)を使用して計測していきます。

まずは1GBです。

860evo-AS SSD Benchmark-1gb

Seq(シーケンシャルリード)が落ちていますが他のSSDでも同じように計測したところCrystalDiskMarkと比べて数十MBから100MBほど速度が落ちているので計測方法が若干異なっていると思います。

次に3GBです。

860evo-AS SSD Benchmark-3gb

容量を増やしてもCrystalDiskMarkと同じように速度が低下することはありませんでした。

ATTODiskBenchmark

次はちょっとマイナーなATTODiskBenchmark(バージョン4.01.0f1)で計測していきます。

まずは512MBからです。

860evo-ATTODiskBenchmark-512mb

結果はAS SSD Benchmarkとほぼ同じですね。

次は1GBです。

860evo-ATTODiskBenchmark-1gb

こちらも512MBからほぼ変わらずです。

次に2GBです。

860evo-ATTODiskBenchmark-2gb

2GBまで増やしても結果には変わり無しです。

HD Tune Pro

最後にHD Tune Proで計測していきます。

まずはリード(読み込み)からです。

860evo-hdtunepro-read

最大約450MB/sですね。

他のベンチマークソフトと比べても低く出ていますが、このソフトは低く出るようなので普通です。

 

次に書き込みです。

860evo-hdtunepro-write

最大約425MB/sですね。

途中で速度が大幅に低下しているのはSLCキャッシュが切れているためです。

 

最後にSLCが切れた場合を見てみましょう。

860evo-hdtunepro-filebenchmark

500GBモデルはSLCキャッシュが22GBなのですが、ピッタリ22GBで速度が低下してその後は記載スペックより速い350MB程出ています。

まとめ

DRAMキャッシュメモリ有りでTBWが高く速度も安定しているので、全力でおすすめできるSSDです。

SSDに迷ったら、この「Samsung 860 EVO」を購入しておけば間違いないでしょう。

コメント