SSDとHDDの違いって何?それぞれのメリット・デメリットを徹底解説!

ここ数年でPCにも使用されることが多くなったSSDですが、

現在でもSSDの前に主流だったHDDにも人気があります。

その理由などと共にSSDとHDDの違いやそれぞれのメリット・デメリットを徹底解説していきます。

 

SSDとは?

SSDはソリッドステートドライブ(Solid State Drive)の略でUSBやSDカードなどと同じフラッシュメモリです。

SSDは後述するHDDと異なりメモリやコントローラチップを使い書き込みと読み込みを行っていて、機械的に駆動する部分が無いため衝撃に強い、データの読み書きが速いなど様々なメリットがあります。

Sata-ssdの構造

画像引用元

ソリッドステートドライブ – Wikipedia

SSDのメリット

  • 駆動音がないため静音性が高い
  • データの読み書きが高速
  • 駆動する部分がないので衝撃に強い
  • 本体がコンパクト
  • HDDより高寿命でTBWという目安がある
  • 省電力(3W前後)
  • 低発熱

SSDのデメリット

  • HDDと比べて容量あたりの価格が高い
  • 故障した時のデータ救出が困難
  • 書込できる総容量が決まっている

SSDのおすすめの使い方

読み書きが高速なのでOSのストレージとして使用するとOSの動作が高速になり、PCゲームなどをインストールするとロード時間を短縮できます。

低発熱で静音性が高いので小型PCやノートパソコンなど冷却性能が高くないPCや静音性を求めるPCにおすすめです。

おすすめのSSD

Samsung製のSSDは他のメーカーのSSDと比べて高寿命でコスパも良いです。

HDDとは?

HDDはハードディスクドライブ(hard disk drive)の略で、磁気ヘッドを使い円盤状のプラッタからデータの書き込みや読み込みを行います。

SSDと比べて大容量で容量あたりの価格も低いです。

HDDの構造

画像引用元

ハードディスクドライブ – Wikipedia

HDDのメリット

  • SSDと比べて14TBなど最大容量が多い
  • 容量あたりの価格が安い
  • RAIDが低価格で組めるので冗長化しやすい
  • SSDと比べて故障時のデータ救出が容易
  • 書込できる総容量が決まっていない

HDDのデメリット

  • 駆動音がある
  • SSDと比べるとデータの読み書きが低速
  • 衝撃に弱い
  • SSDと比べると消費電力が高い(だいたい5W~7W)
  • 駆動する部品があるため熱を発する
  • SSDより本体が大きい

HDDのおすすめの使い方

HDDは容量あたりの価格が安く、最大容量も多いので動画や写真を大量に保存するなど大容量のストレージが必要な際の使用をおすすめします。

他にもOSなどの大容量が必要なバックアップ先にもおすすめです。

おすすめのHDD

WESTERN DIGITAL(ウエスタンデジタル)のこのHDDはこの価格帯では故障率が低くコスパもいいのでおすすめです。

コメント